幼児・小学生の習い事教室 赤まる塾

算数パズル教室

算数パズル教室の特徴

・ペーパーパズル・木のパズル・対戦型パズルなど理論に基づいた様々なパズルを用いて算数の”センス”を磨きます。

・図形のみでなく、数・思考力・図形の3つの分野を強化していきます。学校のテストがよく出来た!と嬉しいお声を頂きます。

・覚える力よりも、考える力を身につけることを大切にしています。
算数パズルとは?算数のセンスを磨くために大切な4つのポイントがあります。

ポイント①
「見える学力」と「見えない学力」

実は、学力には「見える学力」と「見えない学力」があるのです!
お母さまお父さまが子供の時、クラスに少しの勉強で成績が良い子はいませんでしたか?その子は「見えない学力」の能力が高かったのです。
「見えない学力」とは、センス(感覚)や思考力のこと。伸びる生徒は感覚的分野である「見えない学力」の能力が優れているのです。
この、感覚的分野育成を中心に行い、伸びる生徒を育成するのが算数パズル教室です。




算数パズル教室では、確かな理論に基づいた様々なパズル(ペーパーパズル・木のパズル・対戦型パズル)を使用して算数的センスを養います。

ポイント②
理解力を高めるには

一度の説明だけで瞬時に理解できる、理解力。それを高めるにはイメージ化能力を高めることが必要なのです。
イメージ化能力は「見えない学力」感覚分野にもありましたが、理解力の土台なのです。
イメージ化能力は空間認識能力を育てることが有効です。




算数パズル教室では、立体感覚と併行して3つの平面感覚を育成し、空間認識能力をより効果的に高めます。

ポイント③
「覚える人」になる前に「考える人」になろう

考えることが習慣化される前に、暗記中心の習慣を身につけてしまうと、
「思い出す」という思考が中心となり、「新たに考える」という思考の妨げになる場合があります。
知識やテクニックを習得するまえに、是非、考える習慣を身につけてください。
算数パズル教室では、65段階ものレベルにあわせてカリキュラムが形成されています。自身にあったレベルで、真剣に取り組み
「あーでもない」「こーでもない」と考えることで、思考力の育成につなげます。「考える事」が大切なのです。試行錯誤する習慣とそれが高いレベルでできる能力育成を行います。

ポイント④
算数センスに必要な「量感」とは

数を"順番"でやりすぎる前に、"量"として十分に理解する必要があります。
数を量として認識し、比較・分解・合成を自在にできる能力をもつことが、算数センスのある子といえます。




算数パズル教室では、数を量として、とらえることができるように工夫された算数パズルが用意されています。この問題に取り組むことで「量感」を鍛え、算数センスを磨くことができます。
赤まる塾 算数パズル教室では、全国約1000教室、受講生3万人以上の(数)(図形)(思考力)算数講座 パズル道場の教育プログラムを採用しています。
 




赤まる塾の算数パズル教室は
土曜日 10:30~12:00 に開催されています。
90分という年長さん・小学生には長い時間ですが、算数センスを身につけるプログラムが確立しており、分単位でスケジュールが設定されています。
紙に向かって行うだけでなく、木やスポンジでつくられた、楽しい教具や友達と一緒に行う木のゲームパズルを通して学びますので、90分間があっという間です。
それぞれの進度にあわせて進んでいくので、無理なく、着実に身につけることが出来ます。
図形のみでなく、足し算・引き算・掛け算・割り算・文章題といった数についても算数センスを身につけるといった独自アプローチで学んでいきます。
学年を定めない無学年の学習方法ですので、自分のペースにあわせて進んでいくことができます。
算数パズル教室を受講して、小学校の算数のテスト・学年テストが良い成績だったとの嬉しい声もいただいております!

トップへ戻る